脱毛サロンの勧誘を上手に断る方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を適切に断る

勧誘を断る女性
脱毛サロンに興味を抱いている方というのは少なくはないと思います。最近では脱毛サロンに通う前に無料のカウンセリングを受けて、自分に合ったサロンを探すというのが主流となっています。しかし、脱毛サロンなどは一度行くと執拗な勧誘にあってしまい、断ることが難しいのではないかと考え、無料でもなかなかサロンへ行くことができない人が増えているのが現状です。

確かに、サロンのスタッフの方というのは勧誘能力に長けていて断ることが難しいと言えますが、どんなに良いと思った脱毛サロンでもその日に契約をするのは危険です。無料サービスなどを受けた直後は脱毛に対しての意欲も高まっていますので、簡単に契約をしてしまい、後々後悔するということもありますので、必ず一旦持ち帰って考えることが必要です。そのためにも、カウンセリングなどを受ける際には今日は断るというスタンスで臨むと、勧誘を断りやすくなります。

金銭的に余裕がないことを伝える

カウンセリングなどを受けるために情報を提供しなければならないのですが、職業の欄には無職や主婦と記入しておくと、サロンのスタッフはお金をあまり持っていないなと判断します。それでも勧誘はしますので、家族に相談しなくてはならないなどと断ると角がたちません。主婦や無職と記入することで、ローンを組むことも難しいと印象つける目的もあり、金銭的に余裕がないことをさりげなく伝え、上手に勧誘を断ることが出来る方法となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*