ワキガになる原因と永久脱毛でワキガを改善できる理由について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
脇には、エクリン汗腺だけでなくアポクリン腺が存在するので、アポクリン腺から出る汗がエクリン汗腺から出る汗と混ざることでワキガの原因を作り出します。

なぜなら、エクリン汗腺の汗とアポクリン腺の汗に含まれる成分が異なるからです。

毛穴がなくても皮膚に存在するエクリン汗腺は、水分を多く含みますがアポクリン腺は水分だけでなく脂質や糖質も含みます。

なので、食生活の乱れによって脂質や糖質を多く摂取すると、アポクリン腺の汗の粘り気が強まるので、ワキガの臭いを強める原因になります。

その上、脇毛が長いとアポクリン腺の汗を多く吸収するので、脇毛に雑菌が多く繁殖する形になります。

適切な脱毛はワキガの臭いを改善することに繋がる

また、アポクリン腺はエクリン汗腺と違って毛穴と隣接するので、アポクリン腺の汗が毛穴に混じることになります。

その影響により、アポクリン腺を刺激して汗の分泌量が増えると、脇毛に多くの雑菌が繁殖するだけでなく汗がベタつく状態となります。

そのため、脱毛施設に通って永久脱毛を施してもらってアポクリン腺の汗を吸収する脇毛を無くすことで、アポクリン腺の汗が脇毛につかなくなります。

なぜなら、永久脱毛は脇毛の深い毛根を破壊して脇毛を生えにくくできるので、アポクリン腺の働きを鈍らせることができるからです。

よって、永久脱毛で脇毛を無くすことは、ワキガの原因を無くすだけでなくワキガの臭いを改善することに繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*